一緒にいる時間が少ないことが離婚の原因

配偶者の不倫や暴力、またアルコール中毒、そして夫が働かない、そしてギャンブルの習慣があり、借金をしてまでそうしたことにのめり込んでしまう、そんな行為は確かに相手からするとすぐに離婚したいという気持ちにさせるほどの重大なことです。では夫が会社を経営しており、経済的には裕福であるものの、仕事漬けでありほとんど家に帰ってこない、家でも仕事のことばかりという家庭はどうなのでしょうか。妻は仕事をする必要がないし、家はそこそこ大きくて快適、好きなものを買ったりすることもできるかもしれませんが、そのような生活が本当に幸福であり、結婚生活の理想と言えるでしょうか。中には経済的に潤っているのだから、それがあるだけでも満足すべきという人がいるかもしれませんが、そこに愛はなく、ただ夫に帰る居場所があるというだけであり、妻からすると、自分はなんのためにここにいるのだろうかということを考えてしまうのです。夫がほとんどいないので外に遊び歩いたり、そんなこともできるかもしれませんが、それは不倫を誘発するだけですし、空しく感じてくることでしょう。

結婚生活というのは、クオリティータイム、つまり短い時間を最高のひと時にするかのようにして楽しく過ごすというスタイルでは長続きはしません。お互いが長い時間一緒にいて、会話をしたり、遊んだり愛し合ったりという時間を必要としており、特に女性は愛されることを願っていますので、その夫がいつもいない、物が十分にあるだけの生活というのは一番必要としているものがない生活ともいえます。それで夫の側に不倫とか暴力とかギャンブルといったものがなくても、一緒にいる時間が極端に少ないと、それも離婚したいという原因になってきますし、離婚に向けて諸準備を進めるかもしれません。物で幸福を買うことができない、物よりも愛が欲しいという願いを持つ女性たちは少なくありませんし、愛し合い楽しい時間を一緒に過ごすことができれば、物や裕福な暮らしはしなくてもいいという価値観を持つ女性たちは少なくありません。

PR|英語上達の秘訣クレジットカードの即日発行じゃけんサプリメント初値予想マッサージのリアル口コミ.comアフィリエイト相互リンク心の童話SEOアクセスアップ相互リンク集工務店向け集客ノウハウオーディオ家計見直しクラブ健康マニアによる無病ライフ生命保険の口コミ.COM内職 アルバイト住宅リフォーム総合情報貯蓄



コメントは受け付けていません