パワハラが普通に行われる会社で働きました

以前働いてい労務が問題になった企業では、いわゆるパワハラ問題がありました。その企業では上司の命令が絶対というのが常識で、部下は上司に対して何も意見を言えないような状況でした。また上司に気に入られた部下は良いですが、上司に嫌われてしまった部下は嫌がらせを受けることも少なくありません。

 

特に「上司の仕事の仕方がおかしい」「もっと良い方法がある」と勇気を持って進言した部下が、ひどい上司の嫌がらせを受けていました。ひとりだけ違う色の制服を着せられて働かされたり、経験のない職場に転属させられるようなこともありました。今振り返れば上司の言動は明らかなパワハラで、そのため職場の空気はピリピリしていました。

 

正しい意見も言えず、上司の方針通りに作業を進めなければならない劣悪な職場環境でしたので、離職を決意する人も多かったです。離職が多い職場では残ったスタッフの負担が大きくなるため、さらに厳しい環境になる悪循環が起きていました。このような職場で長く勤務するのは難しいと思い、私も転職活動を行い会社を辞めました。